労働条件を明示しないまま開院。スタッフが突然退職!労働基準監督署より指導を受ける。

0120-931-169

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

開業事例集

労働条件を明示しないまま開院。スタッフが突然退職!労働基準監督署より指導を受ける。

標榜科目 眼科
立地条件 地域密着型のビルテナント
労働条件を明示しないまま開院。スタッフが突然退職!労働基準監督署より指導を受ける。

開業日を迎えるまでに、開院準備で手いっぱいのまま、スタッフを雇用する。

雇用条件をしっかり伝えぬまま業務がスタート。

開院当初は、順調であったが、半年後に突然、受付事務スタッフが退職願いを提出してきた。次のスタッフも決まらず、引き継ぎできないままに退職。

新しいスタッフが決まるまでは、少ない人数で応対したが、来院される患者さんへの対応がおろそかになり、クレームが発生する。

また、労働時間、残業時間、給与計算について、退職したスタッフから指摘をうけて、労働基準監督署にかけ込まれ、労働基準監督署より指導をうけることになる。

幸い大きなダメージをうけることはなく済んだが、労務面の知識不足から労働条件の整備に時間をとられ、診療に集中することができなかった。

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

▲ TOP