開業知恵袋

求人を出したい。

開院して、徐々に患者さんも増えてきました。現状のスタッフ数では、円滑に受付対応ができないと感じてきましため、スタッフの増員を考えています。やはり有料求人がよいのでしょうか。有料求人のメリット・デメリットを教えて下さい。

求人を出したい。

開院して順調に患者数が増えていることは、とても素晴らしいですね。患者数が増えると待ち時間が延びたり、スタッフの対応が雑になるといったりで、患者さんの不満が溜まる可能性があります。来院される患者さんに続けて来て頂くためにもスタッフを増員して、対応するのは、ベストな判断だと思います。

求人方法については、様々ありますが、効果的なものをお伝えします。

1つ目は、有料求人広告です。

費用をかけて、求人募集をかけることで、多くの求職者を見込めます。
具体的には、

  1. 新聞等への折り込み求人。
    一度は見たことがあるのではないでしょうか。主婦層などのパート募集であれば、効果があります。しかし、最近では、新聞をとらない家族も増えてきているので、都心部よりも地方で、特に地域紙があるところは、ねらい目です。
  2. フリーペーパー。
    駅などで置かれている求人誌です。求人範囲を広げて多くの求人をかけたいときに効果があります。比較的年齢層も広くかつ多くの方が目にしています。逆に言えば、地域が絞れないので、地域密着クリニックには不向きです。
  3. 求人サイト。
    有料求人広告で最近、多いのは求人サイトの利用です。スマートフォンの利用者が増え、手元で求人広告を確認できるようになってきています。スマートフォンなどを利用する若い世代が多く利用しているので、20代から30代のスタッフを求める場合は、是非利用されることをお勧めします。また、記載期間も1~2週間と長めに掲載できるので、求職者の目に留まる回数も多くなります。

必ず一つを決めないといけないことはありません。折り込み求人と求人サイトの複数で求人をかけることも可能です。

現状のクリニックの場所や、働いてほしいスタッフの年齢層なども考えて、クリニックに合った求人方法を検討してみてください。

求人にかかる費用は、色々な求人方法、求人欄の大きさ、求人期間に応じて額が決定しますが、8~10万円くらいかけると結構よい求人ができると思います。

(2014-07-14 / O.M)

会員登録

ご登録されたドクターには、

  • 医院開業のポイントをまとめた小冊子

を進呈、

  • 物件情報
    (公開していない継承物件の情報など)
  • クリニック見学会
  • 無料個別相談会の情報

などをいち早くお知らせいたします。

無料会員登録

(仮称)津久野メディカルビル

新羽医療モールプロジェクト(仮称)

▲ページトップ