開業知恵袋

現在のテナントが手狭になり移転を検討しているのですが注意点などありますでしょうか?

現在のテナントが手狭になり移転を検討しているのですが注意点などありますでしょうか?

現在のテナントが手狭になり移転を検討しているのですが注意点などありますでしょうか?

まず物件の確保が必要になります。現状のテナントの欠点を克服した形で、かかりつけの患者さんを引き継げる場所を選定します。

500mを超えて移転すると新たに診療圏調査を行う必要があります。再度調査なども必ず行いましょう。

物件確保ができれば現状テナントの解約日を決定し解約の手続きを行う必要があります。契約に基づき解約通知期間の設定などを考慮しながら解約予告を行う必要があります。

注意点は内装工事期間や診療所廃止・開設の届け出に要する期間をふまえて解約日を決める必要があります。

移転時の特例として遡及申請を行える場合がありますので地方厚生局に事前に相談に行く必要があります。

医療法人の場合定款変更なども必要となりさらに時間を必要とする場合があるので経験豊富なコンサルタントや行政書士などの手を借りるのもひとつの手である。

届出の全体をふまえて移転のスケジュールを設定する必要があります。

(2015-05-07 / T.T)

会員登録

ご登録されたドクターには、

  • 医院開業のポイントをまとめた小冊子

を進呈、

  • 物件情報
    (公開していない継承物件の情報など)
  • クリニック見学会
  • 無料個別相談会の情報

などをいち早くお知らせいたします。

無料会員登録

(仮称)津久野メディカルビル

新羽医療モールプロジェクト(仮称)

▲ページトップ