耳鼻咽喉科 医院開業のポイント...

0120-931-169

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

診療科目別 医院開業のポイント

耳鼻咽喉科 医院開業のポイント

耳鼻咽喉科 医院の特徴と注意点

患者タ-ゲットは、大きく分けて子供と大人に二分されます。
時間別の患者層は、ざっくりと午前中は大人~お年寄りの患者さんが大半で、午後は学校が終わった子供達、夜は仕事を終えた人が主な患者さんとなります。
先述の通り子供が多い診療科目ですので、待合室での子供たちを飽きさせない工夫や感染症を考慮した部屋割りの工夫も必要です。
また、診療単価もそんなに高くない為、たくさんの患者数を見る必要があり、出来るだけ患者さんを待たせない工夫も必要です。
例えば、予約システムの導入やWEBを使った問診システムの導入なども効果的です。
先生の服装は、子供に医療機関の威圧感を与える白衣は避け、出来るだけソフトなイメージを演出できるポロシャツ等の方が受けは良い様です。

耳鼻咽喉科 医院の必要面積と開業物件立地(選定)ポイント

物件立地について

立地選定は希望するエリアを絞り込み、物件の目星を付けて診療圏調査を行い、あらかじめ定めた診療コンセプトを考慮して選定をする。自院の強みを明確化することで、対象とする患者層や地域性が浮かび上がる。そして、事業シミュレーションをした上で十分に経営に成り立つ物件がどうか確認するのがいいでしょう。

必要面積
約25~45坪。

ポイント
耳鼻科は花粉症や難聴の患者様も来院されますが、通年で子供の来院が多いのも特徴となります。従いまして、物件は高層階よりも低層階が向いており、自転車やベビーカーを置くスペースを確保した方がいいでしょう。また立地としては小児科同様、近隣に保育園や幼稚園などがそばにあると集患につながるかと思います。

耳鼻咽喉科 医院のおすすめ開業形態

戸建てクリニック

①土地を購入(または所有地)
②土地を借りる
③建て貸し(リースバック)

メリット
設計プランの自由度が高く希望に合ったクリニックを作ることができます。また、駐車場の台数も確保できる場合も多いので車を利用した来院患者の確保も見込むことができます。

デメリット
開業資金が多額となり、開業後の資金繰りも含めて資金調達を考える必要があります。また、開業までの期間が長く、時間や費用のロスがでることもあります。

ビル診療所

①スケルトン
②事務所仕様
③医療ビル
④医療モール

メリット
初期投資が比較的少なく開業資金に応じた計画を立てることができます。また、駅前など好立地物件や医療モールなど集患しやすい面もあります

デメリット
設計プランの自由度が低く、制約も多いことがあります。診療科目によってはクリニックに適さない場合や家賃の関係上、窮屈な設計になることもあります。医療機器の搬入や設置、空調設備、換気設備、給排水設備などの検討が必要となります。

第三者より承継したクリニック

メリット
施設の内装や医療機器など承継することにより初期投資がまったくの新規開業より少なくてすむ場合があります。そして、何より、患者を引き継げること、当初よりある程度の患者を確保できることが大きなメリットとなります。また、スタッフの継続雇用もメリットとなりうる材料にもなります。

デメリット
前院長の診療方針を無視してしまうと今まで通ってくれていた患者が離れてしまうことがありますので、自分らしい診療方針にとらわれることなく少しずつ変えていくことが必要となります。
また、既存の施設を利用する必要があるので改修や医療機器の入れ換えなどの制約が多いことが考えられます。

耳鼻咽喉科 医院の内装レイアウトのポイント

耳鼻咽喉科は患者数が非常に多く、ドクターは短時間で患者さんを診なければならない為、ほとんどの診察や検査が診察ユニット廻りで行われ、そこが診療の結節点となるので、いかにドクターの動線を短くするかが設計のポイントになります。
その為、診察スペースを独立した部屋として囲う事はあまりなく、診察スペースからネブライザーコーナーや点滴コーナーの様子に目が届くようなレイアウトが望ましいです。

耳鼻咽喉科 医院の広告活用について

競合医院や立地条件などを考慮した上で診療圏を設定し、地域密着型の広告媒体を選択すると効果的です。とりわけ小児も多く来院する診療科のため、母親をターゲットとした広告展開も良いでしょう。

全年代がターゲットになりますので診療圏内の主な生活行動を把握し、生活行動パターンを捉えた広告展開をしましょう。小児科と同じく母親をターゲットとし、幼稚園・保育園・商業施設の前などに広告を展開すると効果的です。

耳鼻咽喉科 医院の適正な人員配置

受付、看護師、診療補助
耳鼻咽喉科に関しては、他の科目とは違い、季節によって患者の来院人数が大きく変化します。クラーク(シュライバー)を導入することにより、診療効率を上げることができます。

耳鼻咽喉科 医院の資金計画

内科をベースにして、各診療科目ごとに資金計画を比較します。

テナント保証金:交渉が可能な場合もありますが、10カ月分が基本となります。
広告宣伝費:ホームページ作成料や、看板等、内装サイン工事の費用になります。
什器・備品:待合の椅子や、診察室の机等の費用となります。
医師会入会金:地域によって違いますが、300万円~500万円のレンジが多くなっております。
開業コンサルタント:金額やお願いできる業務内容はピンキリです。数百万という会社もあります。
運転資金:事業が軌道に乗るまでの固定費(家賃や人件費等)の支払いに充てる資金です。多く確保できると安心です。
基本的には使途が限定されていない運転資金は借りにくいのですが、最近は多く借りることが可能となっております。

資金計画

坪数は比較的小さいケースが多いです。診察台やネブライザー等、医療機器はコストがかかります。

耳鼻咽喉科 医院の損益分岐点

●設定条件●
固定費は、統計データ固定費−専従者給与で設定
借入5,000万円、15年元利均等返済、金利0.1%、据え置きなし→毎月返済額 約28万円
借入7,500万円、15年元利均等返済、金利0.2%、据え置きなし→毎月返済額 約42万円
生活費70万円

設定条件

◎借入5,000万円のケース

借入5,000万円のケース

◎借入7,500万円のケース

借入7,500万円のケース

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

▲ TOP