医院の開業をお考えの方へ。医院・クリニック開業スペシャリストのコンサルタントが総合的にサポート

0120-931-169

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

意地とプライドをかけて、
開業サポート満足度
日本一を目指します。

医院・クリニック開業物件

地域検索

九州・沖縄 九州・沖縄 近畿 関東 中部 大阪府 京都府 兵庫県

新着情報

  • クリニックスクエア太秦
    クリニックスクエア太秦

    全科目(歯科以外)
    京都府京都市

    「クリニックスクエア太秦」は京都の嵐山と太秦の北側に位置し、観光地から少し離れた住宅地の中にあります。すぐ前の通りは京都の東西をつなぐ丸太町...

  • (仮称)フォレオひらかたメディカルセンター
    (仮称)フォレオひらかたメディカルセンター

    全科目
    大阪府枚方市

    JR学研都市線「長尾」駅・「松井山手」駅・京阪本線「樟葉」駅より車約10分の物件です。 商業施設内駐車場930台、...

  • (仮称)尼崎メディカルセンター
    (仮称)尼崎メディカルセンター

    全科目
    兵庫県尼崎市

    阪神本線「尼崎」駅バス10分、平成29年秋竣工の物件です。 賃貸条件については調整・打ち合わせが必要になります。...

「医院・クリニック開業物件情報」はこちらから >

医院開業セミナー

医院開業おでかけ相談会

実績豊富な医院開業・医院経営に関わる各方面のプロ集団がドクターご指定の場所(大阪府全域その他)で相談会を開催いたします。
※初回無料

「医院開業おでかけ相談会」はこちらから >

医院開業勉強会

2018年5月26日(土) 14:00~16:00

  • 第1部 設計の効率化
  • 第2部 コストダウンの秘訣

「医院開業勉強会」はこちらから >

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

医院開業ロードマップとは

医院開業・医院経営に関わる各方面のプロ集団として、微力ながらもそのノウハウを提供する事により、医院開業・医院経営がスムーズに進む羅針盤となるべく、発足したプロジェクト<医院開業研究会>が運営する開業希望の医師のためのポータルサイトです。

「選ばれる理由」はこちらから >

ドクター開業実績

「ドクター開業実績」はこちから >

医院開業知恵袋

「医院開業知恵袋」はこちから >

医院開業事例集

医院開業ロードマップでは、新規で医院を開業される際に必要なポイントを「医院新規開業」と継承で開業される場合の「医院継承開業」にわけて掲載しております。新しい物件で一からの開業か既存の医院を継がれての開業か…どちらが良いかの判断材料にして頂ければ幸いです。

すでに開業されているドクター向けには、医院経営に必要なポイントを「医院経営」として掲載しております。

上記の支援メニューは<医院開業研究会>が持つノウハウの一部です。
<医院開業研究会>がおこなう開業・経営支援の特長は「選ばれる理由」をご覧ください。実績豊富なプロ集団が成功までの徹底サポートをおこないます。

また、「医院・クリニック開業物件情報」「医院開業事例集」「医院開業知恵袋」といった開業の指針となるべくコンテンツもご用意しております。

「医院・クリニック開業物件情報」では<医院開業研究会>厳選の物件情報を掲載しております。
新規開業継承開業、また関東中部近畿などの地域から物件情報の一覧を表示することが可能ですので、取り出したい情報を一目で確認することが可能です。
諸事情により公開することができない情報もございます。「医院開業ロードマップ会員登録」へご登録いただくことで、一般には公開できない物件情報の提供など先生に最適な物件情報のご提案が可能になります。

「医院開業事例集」では一般的な成功事例だけではなく、あまり公けにならない失敗事例も掲載しております。
成功失敗の分類は左側に表示されているメニューをクリックして頂ければ、それぞれの事例一覧が表示されます。また新規開業継承開業にも分類して表示することも可能です。

「医院開業知恵袋」では医院開業ロードマップに寄せられたドクターからの質問内容にそれぞれのプロが個別に回答を掲載しております。

個別対応につきましては「医院開業勉強会」もおこなっております。
きめ細やかさを念頭に置いた小規模な勉強会ですので、大規模なセミナーの個別相談会のように場合によっては時間が足らないといったことが起こらないようにしております。ドクターに合わせた時間配分も可能ですし、もちろん個別相談の必要がない場合は勉強会のみの参加も可能です。

ドクターにとって常に有用で新しい情報を発信し続けるポータルサイトを目指します。

▲ TOP