静脈採血時の注意事項はありますか?

0120-931-169

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

医院・クリニック開業の知恵袋

静脈採血時の注意事項はありますか?

静脈採血時の注意事項はありますか?

静脈採血時の注意事項はありますか?

各採血管の間でのコンタミネーションによる検査結果への影響を防ぐ為に、次の順序が推奨されています。

  • 採取血の逆流を避ける。(細菌感染・EDTAによる影響等)
  • 前腕での静脈採血は橈側~正中部より尺側で神経損傷の可能性が高い。抗凝固剤や凝固促進剤と完全に混和するため、採血管を抜去したらすぐに、5回程度泡立てないようにゆっくり転倒混和させる。
  • 止血は5分間程度圧迫するように指示する。
  • 点滴をしてる腕から採血しない。
  • 消毒液で濡れたままの皮膚を穿刺しない。

※標準化採血ガイドライン(日本臨床検査標準協議会)参照。

(2017-12-19 / M.N)

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

▲ TOP