溶血の防止はどのような方法があるのか?

0120-931-169

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

医院・クリニック開業の知恵袋

溶血の防止はどのような方法があるのか?

溶血の防止はどのような方法があるのか?

溶血の防止はどのような方法があるのか?
  1. 皮膚消毒後は消毒液が十分乾燥するまで待ってから採血を行う。
  2. 23Gより細い針は使用しない。
  3. 血種部位からの採血は行わない。
  4. シリンジ採血の場合、内筒を強く引きすぎない。
  5. 分注はゆっくりと行う。
  6. 採血管には規定量の血液を採取する。
  7. 採血管の転倒混和の際、血液を泡立てないようにする。
  8. 遠心分離までの放置は、採血管を試験管立てに立て静置する。

(2018-07-23 / M.N)

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

▲ TOP