作成した事業計画書を元に金融機関へ融資の相談にいこうと考えているのですが、交渉に当たり、何か留意すべ...

☎ 06-4708-3103

医院開業のご相談は 平日9:00~18:00

医院・クリニック開業の知恵袋

作成した事業計画書を元に金融機関へ融資の相談にいこうと考えているのですが、交渉に当たり、何か留意すべき点はありますでしょうか?

作成した事業計画書を元に金融機関へ融資の相談にいこうと考えているのですが、交渉に当たり、何か留意すべき点はありますでしょうか?

作成した事業計画書を元に金融機関へ融資の相談にいこうと考えているのですが、交渉に当たり、何か留意すべき点はありますでしょうか?

金融機関との交渉にあたり、次の点に留意しましょう。

  1. 借り入れに関する基礎知識を身につけておく
    固定金利と変動金利、元金均等と元利均等、人的担保と物的担保等の基礎知識を一通り理解しておきましょう。
  2. 長期と短期のバランスを考える
    返済期間は長ければ長いほどよいというものではなく、「設備投資のための資金は長期で、運転資金は短期で」というように、長期・短期のバランスを考えた資金計画を立てこと。
  3. 長期借入れには担保や保証人が必要
    不動産に対する抵当権など十分な担保を確保しておきたい。
  4. 誠実な態度で、経営姿勢を明確に
    金融機関との交渉には、院長の人柄と診療所経営に向かうビジョンと熱意を理解してもらうように誠実な態度で臨みましょう。
  5. 事業計画の提出と説明が不可欠
    厳しい融資情勢の中で、事業計画を提出し、事業としての将来性があることを納得してもらうことが不可欠。経営者として、事業計画を説明できる基礎的な財務知識は身につけておきたい。
  6. 金融機関の選別基準
    融資条件は言うまでもないが、通常借入先がメインの取引先となるため、開業予定地の近くにあること、安全性に問題がないことなども選別基準となる。

(2021-12-15 / T.H)

医院開業までの手順

診療科目別 医院開業のポイント

会員登録

ご登録されたドクターには医院開業のポイントをまとめた小冊子を進呈、物件情報(公開していない継承物件の情報など)・クリニック見学会・無料個別相談会の情報などをいち早くお知らせいたします。

▲ TOP